Morisawa Type Design Competition 2016

最新情報

審査員メッセージを掲載しました《山本 太郎(和文部門)》

2016年3月30日

 山本 太郎(プロフィール

質の高い文字組版を実現できるタイプフェイスデザインを作るために、タイプデザイナーは長期の修練を経て、さらに個々の課題に対して試行を繰り返して、あるべき形を見い出そうとします。

他方で、タイプフェイスデザインやタイポグラフィに対するタイプデザイナーの考え方や審美観がタイプフェイスデザインに影響を与えないわけはありません。それらは多様で主観的です。作り手の確固とした信念、美意識を、いかに自然に、要件を満たしつつ、新しいタイプフェイスの姿に託すことができるか。世界中のタイプデザイナーがこの課題と格闘しています。挑戦的なエントリーを期待します。

●タイプデザインコンペティション 2016の応募要項はこちらから